一大産業 配送における輸送の役割

荷物を輸送したり、小包を配送するにしても車と道路が必須。道路と輸送体制のおかげで地域復活の兆しもあるのでは。

一大産業 配送における輸送の役割

荷物を輸送したり、小包を配送するには車と道路が必須

引越し荷物を輸送する業務にしても、小包を送り先に配送するにしても、規模の違いはあってもそのほとんどが車を使った仕事です。

2年前の大震災のときには、道路が寸断されて配達もままなりませんでした。
いまの日常生活を行なうには、車と道路が無ければ成り立たないのです。

昔は列車による貨物もずいぶんあったと思いましたが、そのほとんどがトラックなどに変わられてきているようです。

それだけ集配等に便利であり、コストも安いということなのでしょう。道路整備も批判もありながら、日本全国で高速交通網が張り巡らされてきています。
移動するのに便利になっただけではなく、高速道路の利用などで到着までの時間も短縮されています。

荷物が早く着く体制が整ってきている恩恵として、全国各地にありとあらゆるものが行き渡るようになりました。
これまでなら生鮮食料品などは冷凍か塩漬け、乾物などでしか見ることが無かった場所でも、次に日には届けられるようになることで、生産者と消費者の距離が縮まりました。
ネット販売などで、生産者が直接消費者に配送できるのもそのおかげでしょう。問屋さんや、中間マージンを取る業者を通さないことで、双方にメリットもあるかもしれません。航空便や、冷蔵・冷凍輸送の技術開発は、これまで本当に地元でしか流通していなかった商品に、全国に知らしめるチャンスを与えることとなったのではないでしょうか。各地で地域色を出して伝統野菜などが復活栽培されているのも、そのような影響もあるからかもしれません。

おすすめ情報

Copyright (C)2018一大産業 配送における輸送の役割.All rights reserved.