一大産業 配送における輸送の役割

鉄道や空輸或いは陸上輸送であろうが、団体間の輸送が主だったのが、最近では個人向けの配送サービスが拡充した。

一大産業 配送における輸送の役割

従来の物資輸送から個人向け配送へ

どんな時代でも、物資の輸送はその時代の産業の発達程度を示す指標となるものです。

昔なら海上輸送が有名でした。
現代日本でも輸送といえば、食料や工業製品であろうが、ある地域から別の地域まで大型トラックで道路を走ると言うイメージです。

こうした輸送は全国に行き渡り、国内の商業を滞りなく営むための動脈となっています。
しかし、個人がモノを別の場所に送るというのは、昔は簡単なことではありませんでした。
例えば田舎の農家の実家からお米や野菜を子供や孫の家に送る時も、日にちがかかったものです。

また郵便局からの配達では、受取人がしばしば荷物を郵便局まで取りに行かねばなりませんでした。
しかし宅配便というものが出来てから、配送は劇的に変化しました。
伝票一つで作業員が家庭の玄関まで荷物を取りに来てくれるようになってからは、自分で荷物を持ち込む人は減ったのではないでしょうか。

特に高齢者のいる家庭では、宅配業者はその家の人とよく顔を合わせる一番の知人になっている場合も少なくありません。宅配業者は地域により、その担当者が決まっているので、各家庭では顔見知りになる場合が多いのです。

少し前のテレビで、高齢者の独居宅の連絡係りに、宅配業者が選ばれているなどというニュースも聞きました。
こうした配送のサービスは、単に物資の輸送だけではなく、地域のコミュニティーの重要な潤滑油の役割もするようになったのです。

また最近の自動車やトラックの種類の多さ、また女性ドライバーの増加もこうしたサービスの充実に一役買っています。
ドアツードアという宅配は、これからも地域の輸送や配送に必須のサービスとして、ますます普及するでしょう。

Copyright (C)2018一大産業 配送における輸送の役割.All rights reserved.