一大産業 配送における輸送の役割

配送は客先に届ける状態を言いますが輸送は手段ですので様々な方法があり、客先の要望等でも手段が異なります。

一大産業 配送における輸送の役割

配送は届ける状態を言いますが輸送は手段を言います

配送は現実に品物の取引のある顧客や購入した人に対して届ける事ですが会社がトラックを使って品物などを届ける事を言います。
輸送は業界用語で運送の手段でありますのでト会社がラックを使う場合は陸上輸送という事になります。
そのような事で配送と輸送は同じ意味ですので現代では混同して業界は使っています。

物を客先などにトラックで届ける事業ですので運転状態により品物が壊れるというケースが考えられますが、そのような場合は会社の責任になりますので、その旨を客先に連絡して弁償をしなければなりません。品物に代わるものがあれば現品を再度、客先に届ける事になりますが現品が無い場合は品物に代わる現金を弁償しなければなりません。物でしたら現金を弁償すればよい事になりますが観光バスで交通事故などに遭遇し、多くの負傷者などを出した場合、小規模のバス会社ですと弁償金で倒産の羽目になってしまいます。
このようにして運送事業は簡単と思っている人が多いですが経営は非常に難しいと言われています。
品物により客先は時間の厳守を言う場合もありますので、その時間に間に合わせないと苦情と言うトラブルの原因になってしまう事が多いです。

また他に鉄路を利用した貨物車がありますが、この場合は積み込み駅から客先までが責任の範囲に入ります。
そして航空便を利用する場合もありますが高額商品や生ものの時間短縮を考えますと航空便を利用しています。
海上輸送もありますが時間が掛かることから品物に応じて送り主側で判断しています。

おすすめ情報

Copyright (C)2018一大産業 配送における輸送の役割.All rights reserved.